御来屋(みくりや)デザイン事務所の由来

鳥取県は日本海に面した小さな町、御来屋(みくりや)。本多家が根城を持ち私の父が生まれ育った所です。徳川三傑、本多忠勝の末裔であり戦中は迷彩色の研究家、戦後は意匠家の先駆として大阪の電通で活躍していたと聞いています。その父が名乗っていたペンネームが、この御来屋。仕事の関係で岡山へ移住。自宅でデザインの仕事をしている父の傍で、当時としては高価なケント紙や舶来の色鉛筆でお絵描き遊びをしていた生意気な小坊主は、何の因果か気が付けば同じ仕事に携わることに。代々の歴史、その志を受け継ぎ御来屋の名を冠しました。

私、本多英二のデザイン観

数多存在するデザイナー、その中で幸いにも自然環境に恵まれた岡山に暮らしている私。瀬戸内の魚を追い、備前平野の米を喰らい、吉備高原の果実を食べて育った自分に染み着いた価値観は、そのまま私のデザイン観でもあります。
真っ当な商いをしている人達は、ランチェスターの法則を知らずとも自らの強みを意識し、大手と戦わずしてコアなファンを獲得している事実。反面、イイモノを作っているのに報われない人々も多く見てきました。不振の原因は何でしょう?
高いから売れない、のではありません。価値を感じないから買わないのです。もっと言えば、生産者が持てる価値ある情報が正しく届いていない(届ける努力をしていない)からなのです。

自分の生まれ育った土地に誇りを持つ。それを表現するためには流行り物に流されず、地に足がついたデザインを…と考えた時に筆文字というものに行き着きました。

岡山のデザイン事務所として、ここに暮らす人間だからこそわかる“大多数の地方都市住人” の気持ちを代弁できるひとりの消費者でありたいと思っています。

御来屋(みくりや)デザイン事務所の由来

  • 1983. 4岡山大学教育学部特設美術工芸教員養成課程 卒業
  • 1997. 7事務所設立(岡山市北区谷万成)
  • 2006. 5株式会社に改組
  • 2007. 6東京事務所開設(東京都港区六本木)

岡山本社 :7000071 岡山県岡山市北区谷万成2-7-7 phone : 086-251-6311 東京事務所:1060032 東京都港区六本木6-12-4 D915 phone : 03-6277-8489

(公社)日本パッケージデザイン協会 会員 / 調査委員
(特非)日本プロ農業総合支援機構(J-PAO)参与
中小企業庁ミラサポ登録専門家 6次産業化プランナー
岡山県商工会連合会 エキスパートバンク 登録デザイナー
(財)京都中小企業振興公社 登録デザイナー
(財)岡山県産業振興財団 中小企業支援センター 登録専門家
(財)鳥取県産業振興機構 経営革新アドバイザー

仕事歴

亀田製菓、大王製紙(エリエール)など大手メーカーのパッケージデザインを数多く手掛ける。またデザイン顧問としてダイソー産業(100円ショップ)やお掃除用品「コロコロ」で有名なニトムズなどのインハウスデザイナーを指導。
同郷岡山出身の水戸岡鋭治氏(九州JR ななつ星など観光列車のデザイナー)から「そろそろ故郷に恩返しを」との啓示をいただき、岡山の地域産品のパッケージデザインやブランディングに注力。以来、全国各地の農家さんからの依頼を受け東奔西走中。