Mikuriya Design Office

[筆文字を中心としたパッケージデザイン制作を行っています]

岡山市に本社を置くパッケージデザイン会社です。筆文字を使ったデザインをというご依頼も多く、このスタイルが弊社の特徴・強みと言えるかもしれません。

なぜ今、筆文字なのか?

PCやソフトウエアの発達で、誰もがデザイナーを名乗れる時代となりました。アイデアのネタはWeb上にいくらでも転がっていて、綺麗で可愛くオシャレなデザインが簡単に出来てしまいます。
デザインは特別なものではなくなりました。では、一般の人が作るデザインと我々プロを名乗る人間が作り出すデザインは、一体何が違うのでしょう?

《後半に続く》

  • +篤農

    Musk Melon / Client : 篤農

  • +亀田製菓

    Rice Cracker / Client : 亀田製菓

  • +赤福

    Rice Cake(Competition plan) /
    Client : 赤福

  • +くらしき藹然

    Rice Cracker / Client : くらしき藹然

  • +哲多すずらん食品加工

    Gyu-Don /
    Client : 哲多すずらん食品加工

  • +ジェイ・ウイングファーム

    Grain /
    Client : ジェイ・ウイングファーム

  • +Noodle

    Noodle / Client : not set

  • +鈴木屋

    Rice Cracker / Client : 鈴木屋

  • +すぎ茶屋

    Steamed Bun / Client : すぎ茶屋

  • 久保田麺業

    Ramen / Client : 久保田麺業

  • ロマラン洋菓子店

    Poster / Client : ロマラン洋菓子店

  • 島のこし

    Leaflet / Client : 島のこし

筆文字は普遍のデザインアイテム

筆文字は、文字であると同時に一枚の絵でもあります。読まずとも見て分らしめる感覚的なもの…中身の風味、また作り手の想いというものまでを一文字で請け負うことができる稀有なデザインアイテムだと感じています。昔も今も変わらず、筆と墨汁を用意して半紙に向かい、一点ずつ手技で仕上げます。ふたつとして同じものが無いのでそのままロゴマークにもなり得ます。

人間はアナログな生き物ですから、アナログな筆文字との相性がとても良いのです。景気の良いときは派手で目新しいものが受けますが、不景気で不安な精神状態が続くと、人は見慣れたもの、安心感のあるものを求めるようになります。これが今、筆文字に注目が集まっている理由だと思います。もちろん景気不景気、今昔を問わず普遍のデザインアイテムではあります。

ここに掲げた商品を俯瞰して思うことは、
ロングセラー商品が多い。

派手さはありませんが、じわじわとファンを獲得し長年に渡って売れ続けています。つまり利益が出続けているということです。プロとアマチュアの違いは「結果を出し続けることが出来るか否か」だと私は考えます。まぐれ当たりでは無く確実に数字に繋げるスキル、それは数多くの成功体験が成せる技。クライアントが先行投資してくださったデザイン費、「失敗しました、すみません」では済まされません。プロには「結果に責任を持つ」覚悟が必要だと強く感じています。

オリジナルラーメン制作部

  • オリジナルラーメン
  • オリジナルラーメン
  • あなたのお店の
    オリジナルラーメン作ります!

    自慢のラーメンをご自宅でも味わっていただきたい、この味を全国にとお考えの店主さんに。麺&スープの再現からパッケージ制作まで承ります。

    特設ページ